親鸞聖人や浄土真宗、はたまた仏教ということを全く知らなくても「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」という言葉は聞いたことがあると思います。

今回は仏教入門として、この「南無阿弥陀仏」について調べてみましょう。
「南無阿弥陀仏」の「南無(なむ)」というのは、もともとインドの古い言葉であるサンスクリット語の「ナマス」、「ナモー」という言葉です。
『仏教辞典』によれば帰命とか、敬礼とか、単に礼なりと解釈されています。

帰命は、「命に帰す」ということですから「仰せのままにおまかせします」という意味ですが、親鸞聖人はそれを、「南無の言は帰命なり……帰命は本願招喚の勅命なり」(教行信証行巻)と仰有って、いままでの仏教者とはまるっきり反対の解釈をなされています。

本来は私達の方から如来に向かって、「おまかせします」という意味が帰命なのに、親鸞聖人は阿弥陀如来の本願の方から、「そのまままかせよ、とよびよせる命令である」と、意味をひっくり返して使用されています。

親鸞聖人が従来、敬礼の意味である帰命を本願招喚の勅命であると驚くべき解釈をなされたのは、聖人が事実疑いようのない阿弥陀如来のよび声をハッキリ聞かれた体験にもとづかれたものでありましょう。
「いずれの行も及び難き身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし」と悲泣悶絶、助かる望みの一切が断たれたとき、「そのまま救う」声なき声に全身を射ぬかれ「弥陀五劫思惟の願は偏に親鸞一人が為であった、心も言葉も絶えたれば不可思議尊を帰命せよ」とおどり上がられた体験が、帰命を本願招喚の勅命なりと解釈せずにおれなかったのでありましょう。

次に「阿弥陀仏」ですが、仏様の中の仏様です。
お釈迦様も仏様ですが、阿弥陀仏はお釈迦様の上司、お師匠様と言えばお解かりいただけるかもしれません。
親鸞聖人の教えは「阿弥陀仏の本願」ひとつなのですが、「南無阿弥陀仏」という念仏と深い関わりがあります。このあたりの関係は少し解説が必要になるので、いつか機会を見つけて詳しくご紹介します。