こんにちは。ゆうこです。
親鸞聖人のご旧跡をめぐる旅は、現在富山県内を移動中。

さて、如意の渡しから一路東に向かわれる親鸞聖人は、奈呉の浦、放生津、蛯江を通られたと伝えられます。

奈呉の浦とは、ちょうど万葉線「越の潟駅」近くの松並木の浜街道のことで、古くから親しまれたスポットでもあります。
この奈呉の松原に親鸞聖人の腰掛け松があったと伝えられるのですが、現在その存在は不明です。

また放生津潟は万葉の歌枕になるほど趣のある場所だったようで、親鸞聖人もまた心を休められたのかもしれません。
伝承では、親鸞聖人袈裟掛けの松が存在したそうなのですが、波が押し寄せて海に沈んだと伝えられています。

さて、射水市海老江練合の一角に、親鸞聖人の像が建てられています。

海老江練合の親鸞聖人像

海老江練合の親鸞聖人像

台座には、聖人の生い立ち、流刑の苦難など御一生が簡単に記されているのですが、その中に、ここ海老江練合で親鸞聖人が休息され、足を清められたという記述があります。
このことから、この地域を「あしはらい」と呼ばれ、明治初期頃より「足洗潟」と呼ばれるようになったそうです。実際、近年まで「足洗場」が存在したという記述もあります。

海老江練合の親鸞聖人像

親鸞聖人像

銅像の建つ場所より国道415号線を挟んで向こう側には「足洗潟公園」があり、地名としても「足洗新町」が今でも残っています。
親鸞聖人が足を洗われたことがルーツとなったのですね。

銅像は昭和48年の建立になっていますが、昭和の門徒の方々が聖人の徳を後世に遺そうと建てられたものなのでしょう。
しかしそれよりもっと古くは、「足洗」という地名を残すことで聖人の流刑の苦難とその教えを伝えた真宗の先達が間違いなくいたことを思い起こさせますね。

海老江の海

海老江の海

近くには富山湾が広がっていました。