親鸞聖人は大変、お優しい方であり、また厳しい方でもありました。

これは、仏の智恵(厳しさ)と慈悲(優しさ)が収まった南無阿弥陀仏を体得されたからでしょう。

やさしいばかりでは駄目ですし、厳しいばかりでもいけないのです。